バイク


北海道ツーリングレポート 2017 夏

北海道ツーリングレポート 2016 夏

北海道ツーリングレポート 2015 夏

北海道ツーリングレポート 2014 夏

北海道ツーリングレポート 2013 夏

北海道ツーリングレポート 2012 夏

北海道ツーリングレポート 2010 夏

北海道ツーリングレポート 2009 夏

北海道ツーリングレポート 2008 夏

北海道ツーリングレポート 2007 夏

北海道ツーリングレポート 2005 夏

北海道ツーリングレポート 2003 夏

北海道ツーリングレポート 2002 夏

北海道ツーリングレポート 2001 夏

東北ツーリングレポート   2000 秋

 

・・・ぶっちゃけ書く事が無くなってきたんで、気が向いたら過去の日記見てまとめますわ(´・ω・`)

2011年は地震と原発の影響で、夏期休暇申請の時期になっても大洗のフェリーが復活してなかったのでお流れ。


愛馬4号『ムルティストラーダ1200S ツーリングエディション』(ver.2012)

(20120218〜)

愛馬4号は最強にして最高のバイクが来ましたよ。
猛禽のような、カマキリのような、あのルックスに一目惚れして購入ですよ。

それにしても、この自分が大型バイク、それもドカ乗りになるとは・・・いやはや、人生何が起きるか分からんね。
当然ながら、今までの人生において最大の買い物。

・・・盗難だけな何としても防がなくてはね。プロ相手には限度があるが。

■関連:ドゥカティのムルティストラーダ1200Sがベネディクト16世の公式警護車両に


愛馬3号『SB250』

2007年に購入したバイクざんすよ。(20070429〜20120205)
SB250とツーリングの相性はきわめて良好。疲れないし。問題は

・積載能力の無さ(テント、シュラフ、キャンプ道具一式をどう積むか)
・燃料の容量不足(100km走って給油ってのはつらい)
・風防が無いことによる高速巡回性能の低さ(道民の時速100kmクルーズコースとかマジきつい)

この3点をクリアしているジェベル250が良く見えてきましたよ(´・ω・`)

愛馬4号購入の為、キャリアやキックスターター、ゲルザブやサイドバックまで付けて贔屓のバイク屋に売却・・・
ちなみに金銭的な問題ではなく、駐車スペースの問題で売却なのね。
綺麗だし走行距離も15000未満だったんだけど、色付けて貰って8万5千。今バイク売れていないし、仕方ないのかなぁ。
(尚乗り出し価格は40万弱でした)


愛馬2号『SV400s』(ver.2000)

真紅のボディーにVツインエンジンを搭載し、アスファルトを切り裂き、街を駆け抜ける我が相棒。
・・・すまん、東北旅行の後、まだ洗車していなかったな、相棒。
きれいにしてやろうにも、昨日も雨だったし今日も雨だ・・・

※SB250購入資金として、下取りに出したんだ。諸経費込みの乗り出し価格70万何ぼだったんだが、
下取りに出したときボロボロだったから、下取り価格5万だったんだ(´;ω;`)愛車は大切にね


愛馬1号『NS−1』

HONDAが誇る、最強の50ccバイク。誰が何と言おうと、これだけは俺の中で変わらん。
とにかく、あのメットインが最強。
その上早いし、軽いし、燃費も悪くないしで、欠点は見当たらず。
もうスタンダード落ち(生産終了)で、手に入れるのは少し骨だけどね。
それでも、始めてバイクに乗る、という人にはこれを勧めるな。
俺は、教習所に行くときに練習用(&教習所への足)として購入したのだが、
機会があれば、また乗りたいと思うよ。

※SV購入資金として、下取りに出したんだ。29万で購入して、(綺麗に乗ってたから)24万で
下取りに出せたよ。愛車は大切にな。


トップページに戻る

inserted by FC2 system